第16回「外国人による日本語スピーチコンテスト」

JAPAN-CHINA FRIENDSHIP ASSOCIATION OF KAGOSHIMA CITY

第16回「外国人による日本語スピーチコンテスト」

第16回鹿児島で世界を語ろう「外国人による日本語スピーチコンテスト」開催

2011年1月15日(土)第16回・外国人による日本語スピーチコンテスト」が鹿児島市の「かごしま県民交流センター2階中ホール」に於いて開催された。

今回は6カ国から19名の県内在住の外国人の方が予選に出場されその中から10名の方が本選に進まれました。

国別では中国が5名、韓国が2名、あとはネパール、インドネシア、マレーシアがそれぞれ1名でした。

栄えの最優秀賞は中国から来られたジョ タットロン(志学館大学)で演題は「小指は彼女?」。 

審査員特別賞としてインドネシア人のシンチエ ナタリナ モコアゴウさんが受賞しました。テーマは「喋ったらばれる!」

優秀賞の三名は以下の方でした。

シャキア スワルマニ(ネパール)大口明光学院高等学校 テーマは「待つことの美しさ」

ワン アハマド ナザルディン(マレーシア)日置市国際交流員 テーマは「世界一の想いやり」

ホスジ(韓国) 志学館大学 テーマは「パッピンスと白熊」

各入賞者の講演内容や写真は別枠(左フレーム)のスピーチコンテストのサイトからご覧いただけますが、今少しUPまでに時間がかかります。

下の写真のインタビューは最優秀賞のジョさんです。